不動産問題に悩むあなたのお役に立ちたい

住宅(マイホーム)購入時の注意点について

マイホームを持つことは高級時計を持つことや高級車にのることと同じように働いている人の目標の一つであり、憧れのマイホームと言われるように夢でもあります。
非常に高額な買い物となるので購入決定は慎重に行きたいところです。
住宅購入にはいくつかの注意点がありますのでここで書きます。
まず資金計画です。
頭金で支払った残り分を住宅ローンを組むことになりますが、毎月いくら返済していくのか、返済期間はどれくらいにするかを決めます。
これによりいくらくらいの物件を購入することが出来るのか決まってきます。
毎月の返済額ですが、現在賃貸物件にすんでいるのであれば家賃と同等または安くなるくらいを見積もります。
そうしないと毎月の実際の生活が苦しくなります。
また返済期間についても十分将来の生活を見据えて決めることが大事です。
よく不動産の案内には返済モデルとして35年間支払い、頭金0で毎月の返済額はこれだけですとうたわれていますが、将来子供の教育資金にいくらかかるのかや定年まで後何年かなどを見積もって返済期間を決めることが大事です。
定年後にもローン返済が必要となると退職金をローン返済に充てる必要が出てきます。
不透明な日本経済なので十分な年金を受け取れるとも限りません。
そうなると退職後の生活が苦しくなり、最悪マイホームを手放す必要にせまられる可能性も出てきます。
なので定年までに支払期間がどれくらいあって毎月どれくらい返済できるかで購入可能な物件金額は決まってきます。
当たり前ですがより良い家を手に入れるためには頭金を出来るだけ貯めておくことが大事です。
また物件選びですが、気に入っている地域があるのであればその中で探すことになりますがまず周りの施設 病院やスーパー、学校などが家の近くにあるか確認します。
スーパーが遠いと車が必要となってきます。
現在車を持っていないのであれば車購入費用と維持費も見積もっておく必要があります。